便秘改善への道のり

善玉菌の代表的なものに、乳酸や酢酸等を生成するビフィズス菌があります。有機酸である乳酸、酢酸等は腸内のpHを弱酸性に保つ為、悪玉菌による老廃物等の腐敗のスピードを遅らせ、また悪玉菌そのものの繁殖をも押さえてくれます。腸内を弱酸性に保つことによって、病原菌からの攻撃も予防し、活動をさせない働きがあります。また、有機酸には大腸のぜん動運動を促す働きもあり、また、菌そのものが便の成分にもなる為、便秘予防には欠かせない存在です。

つまり、善玉菌の大好物であるオリゴ糖を毎日摂ることによって、腸内環境が健全に保たれることになるのです。善玉菌には便秘改善の他にも、免疫機能の活性化、コレステロールの抑制、消化のサポート等様々な効能があります。身体の健康維持に貢献してくれる善玉菌を減らさないようにすることが、便秘改善への道のりと言えるでしょう。

日々の快便が身体の免疫力を高め、健康な毎日を送ることができます。逆に、便秘がずっと続くようであれば身体に何か問題が起きているという可能性があります。便は身体のバロメーターです。善玉菌の栄養源であるオリゴ糖を上手く生活に取り入れ、お腹の中の善玉菌と悪玉菌のバランスを保ち、健康な毎日を過ごせるように心がけましょう。