腸内を整えて便秘改善

便秘になる原因は、腸内環境が悪化して腸の動きが悪くなり、スムーズに排便されないことにあります。女性に多いのがホルモンの影響と筋力が弱いことも便秘を引き起こします。特に腹筋が弱いと、腸のぜん動運動(縮んだり延びたりする働き)の動きも弱くなり、うまく便が排泄されなくなります。加えて、月経前に女性ホルモンが多く分泌される時期になると、自律神経に影響を与える為、これもまた、ぜん動運動を弱める性質があり、便秘になりやすくなります。

腸内環境を整えて、大腸の働きを健全な状態に保ってスムーズな排便が行われることが、便秘にならないようにする最大のポイントですが、生活習慣を変えるのは容易ではありません。お勧めの便秘改善方法に、大腸内にいる菌の働きを活発にすることによって、腸内環境を整えるという手段があります。

大腸には細菌が存在し、よく耳にする「善玉菌」「悪玉菌」とその他に「日和見菌」がいて、これらの菌のバランスが良い状態を腸内環境が良い環境と言います。善玉菌が少なく、悪玉菌が多い状態になると、このバランスが崩れ、環境が悪化し、便秘や様々な症状が現れます。つまり、善玉菌を増えると腸内環境は保たれるのですが、その善玉菌を増やすのに効果的な方法をご紹介します。