便秘と腸内環境

デスクワークが増えた現代、便秘に悩む人も少なくありません。便秘は不快感を引き起こすだけではなく、肌荒れや食欲不振等も引き起こす為、健康にも悪い影響を及ぼします。便秘になる原因は様々ありますが、大きな原因としては生活習慣の乱れが挙げられます。ダイエット、寝不足、ストレス等によってお腹の環境が悪くなり、便が出にくい状況に陥ってしまいます。女性の場合はホルモンの影響も受けることがあります。では、便の出やすい環境とはどのような状態なのか、便秘と腸内環境の関係について知ることで、便秘を改善し、トイレストレスのない生活を目指しましょう。

腸内とは、大腸の中を指しますが、体内における大腸の役割として、口から入った食べ物が胃や小腸で消化・分解された後に、最終工程として大腸で水分を取り去り、食べ物のカスと老廃物を便にして排泄する作業があります。大腸内の環境が整っていないと、便が排泄されず、結果、その便から有害物質が生成され、身体に回って肌荒れ、食欲不振、口臭や体臭にまで悪い影響をもたらす可能性があります。

腸内環境が崩れて便秘になってしまう原因は、水分不足、ダイエットによる食事不足、食物繊維不足、運動不足、睡眠不足、あるいはストレスを受けることによっても引き起こされます。また、女性やお子さんに多いのが、便意を我慢する癖の習慣化で、これもまた便秘の要因になります。これらの原因をふまえた上で、腸内を整える方法をご紹介します。